使いたいモノが近くにあるって、なんて楽なんだろう。【サポート実例】

キッチンの訪問サポートをしました◎

4人家族で一軒家にお住まいのC様。
タイル貼りの壁や木目の綺麗なロングカウンターが
とても素敵なキッチンです。

「家電を増やしたいのに
これ以上置くスペースがない」
とお悩みでした。

キッチン収納は”動線”を重視

作業台側の吊り戸棚や背面収納がない
L字型のキッチン。

「いちいち取りに行く」動作が
少なくなるよう、
料理中の横の動きを
極力減らすことがポイント
でした。

水回りで使うもの、
コンロ周りで使うもの、
作業台で使うもの
、と
全てのアイテムを
使う場所毎に分けてもらいました。

食材はすべて
パントリー側へ集約。
お料理を始める際に
まとめてカウンターへ持ってくれば
調理中の移動は
ほぼ作業台側のみで完結します。

さらに普段は出番の少ない
二軍アイテムも
パントリー側の吊り戸棚へ
移動することにしました。

ゴミ箱・収納用品を見直して、家電置き場を作る

悩みの種だった家電置き場。

棚上に家電がズラリと並べられているため
作業スペースとして活用できないのも
もったいなく感じていました。

注目したのはゴミ箱が置かれているスペース。

分別ゴミ箱は奥行きが浅く
後ろにスペースが無駄に余っている状態。
シンクから遠く動線的にも
不便な位置にありました。

お話を伺ってみると
外にもゴミ箱があるため
プラゴミ以外は
その都度そちらへ移動ができるそう。

プラ用ゴミ箱を冷蔵庫横のスペースへ移動。
(移動先はお客さまのアイデアです!)
スペースが大幅に拡張でき、
ここに家電用のワゴンを
増設することにしました!

商品をご提案しましたが
その後DIYされたそうで
雰囲気もピッタリです!

食材を入れていた
蓋付きのボックスは
使いづらさもあり
よりスペースを有効に使える
収納用品をご提案しました。

棚板の高さを変え
使用頻度の高くない家電を
お客さまのご希望だった
“使っていない時はしまえるスペース”に。

棚の上が作業スペースとしても使えるようになり
毎朝飲まれるコーヒーを淹れる時間も
心地よくなりそうです♪

家電は一つも手放さず収納できた

もともとモノの量を
キープされているお宅でしたので
期限切れの食材や
お子さんが赤ちゃんの頃の離乳食グッズを除いては
不要なモノはあまりありませんでした。

もちろん全出しはやりました!

家電についても
今回のお片付けでは一つも手放していません。

モノの移動と
スペースの使い方の見直しのみで
ここまでスッキリと
片付けることができました◎

すべてのモノを”使う場所”や
“使用頻度”毎に分けることで
キッチンはもっと
使いやすくなる可能性を秘めています♪

上:before /下:after

ご感想

サービス終了後、1日キッチンに立ってみて、
調理がすごくしやすくなっていて驚きました。

調理中に欲しいものがすごい近くにまとまってる!!

整理収納って、ただ収納するだけでなく生活しやすく収納するんですね。

まさに”動線”を意識した収納を実感いただけて
とても嬉しいご感想、ありがとうございました◎

その他のお片付け実例は
こちらからご覧ください。